Macbook Airのバッテリー交換

    とーちゃんの愛機MacBook Air。
    数ヶ月前にバッテリー交換のアラートに気づいて交換用のバッテリーを買っておいたのだけど、抱えてる案件のキリがつくタイミングを待つうちに数ヶ月経ってしまいました。

    交換前に参考にしたページはこちら。
    http://apple-geeks.com/macbook-air-10-6843

    <用意したもの>
    ・ドライバー二種(ちょっと特殊だけど、前にも開けてメンテしたから持ってた)
    ・エアダスター
    ・トレイ(工具とビスを置いておくため。極小ビスを紛失しないように)

    開けると案の定チリとホコリが溜まってた
    4.png

    こうしてみるとバッテリーの占める体積が大きいのがよくわかる。
    バッテリーは固定しているビスを外してコネクタを抜くだけで簡単に取外せます。

    バッテリーの裏側にもホコリがいっぱい
    3.png

    バッテリーを外してエアダスターでホコリを吹き飛ばします。
    エアダスターは気化熱で缶の表面が結露するので水滴注意。

    新しいバッテリーに交換したところ
    2.png

    バッテリー情報の新旧比較
    1.png

    完全充電時の容量が半分近くまで下がってたことがわかる。
    充放電回数は最大1000回だそうなので、良いタイミングだった。
    ステータスも「バッテリー交換修理」から正常に。

    工具が揃っていれば、作業そのものは難しいものではありません。
    自力でやるとAppleの補償修理の対象外になりますから、そこは自己責任で。
    静電気、水滴、ビスの紛失にはご注意を。

    スポンサーサイト

    2017年2月28日の畑

    久しぶりに那珂川町の畑に寄ってみました。

    いま、とーちゃんの畑にあるのはタマネギとアスパラ。(収穫までまだまだ・・)
    鷹の爪は枯れて種が取れそうな状態。マリーゴールドの種も大量に池面に落ちているので発芽前に収穫したい。ヤーコンとナスを育てていた畝が空いたので均して次に何か植えたいところ。

    DSCF8547.png

    日が暮れる時間がだいぶ遅くなってきたけど山間の畑なので17時前には日陰になります。日中はポカポカ陽気でジンワリ汗をかくほどでしたが、日が落ちるとズンと寒くなります。自分の畑で収穫できるものは何もありませんが畑仲間からブロッコリーと里芋をいただきました。いつも本当にありがたい。

    この春にはミツバチの巣箱を置こうと思っています。

    テーマ : 野菜づくり
    ジャンル : 趣味・実用

    スーパーカブで灯油缶を運ぶ

    灯油ストーブの季節になりました。

    最寄りのガソリンスタンドは少し遠くて、キャリアに乗せて運ぶとしても徒歩では時間も労力もかかります。かといって灯油缶を原付に後ろに載せて走るのもなんだか危なそう・・。去年の冬は徒歩と友人の車のヘルプで乗り切ったけど、今年はキチンと対策することにしました。

    とーちゃんのスーパーカブ50ccの積載量は30kg。灯油の比重が0.8だから18Lの灯油缶を2つ載せることもギリギリできそうだけど、より安全性を重視して底面が広い20L灯油缶を採用。滑り止めシートと荷紐で固定することに。

    20Lワイド灯油缶、滑り止めシート、カラビナ付きフラットゴム紐
    灯油1

    実際に載せたらこんな感じに
    のぼせもん用画像

    カラビナの開く幅より荷台のフレームのほうが広かったのでガッチリ固定はできなかったけど、荷台の引っ掛けポイントを使ってグラつかないよう固定することはできました。滑り止めシートは底面に合うようカットしています。灯油缶が18Lから20Lなった分だけ運搬頻度も抑えることができそうです。

    コダマ樹脂工業 灯油缶 ポリ缶 ポリタンク 20L 赤 幅広 ノズルなし JIS規格品

    新品価格
    ¥820から
    (2016/11/29 13:30時点)


    テーマ : 雑記
    ジャンル : 日記

    金柑の甘露煮

    友人宅でとれた金柑をいただいたので甘露煮にしてみました
    金柑1

    加工前の金柑(ちょっとおいてたから萎んでる)
    金柑2

    いただいた金柑は大きめのサイズのものもあったけど、小さめのものでサイズを揃えて使うことにしました。(大きいものは皮が厚くて、うまく仕上がるのか?使いづらくならないか?と不安要素があったので今回はパス)破裂しないように竹串で穴を開けておきます。種はとらずにそのままで。

    鍋の底で金柑が重ならない程度入れて、水はひたひたに。砂糖(今回はフロストシュガー)を適当に入れて煮ます。何度か火を止めて、冷めた頃に砂糖を足して煮ます。弱火で蓋をして20分ごとに様子を見ました。

    金柑3

    煮た後に一晩水にさらすと渋み苦味を取って子供も食べ易くなるそうですが、「渋み苦味も金柑の風味のうち」だと言い聞かせて煮汁をまるっとこぼさず活かして作りました。

    煮詰まるとこんな状態
    金柑5

    金色の煮汁は常温でも少しトロミがあります。固まり方が均一ではないので糖でなくペクチンの働きだろうと思います。糖度は長期保存できるほど高めてないので早めに食べきってしまうのが良さそう。

    ヨーグルトと一緒に食べてみました
    金柑4

    渋み苦味は残っているけど、とーちゃんは気にならない程度。美味しくできました。大きめの金柑はマーマレードにしてみようかな。

    テーマ : 作ってみた
    ジャンル : グルメ

    自家製 芋けんぴ

    畑仲間にいただいたサツマイモで芋けんぴを作ってみました。

    芋ケンピ

    <芋の下処理>
    ・イモを3ミリ幅くらいでスティック状に切る
    ・切ったイモは水を張ったボウルに入れてアク抜き
    ・ザルで水を切ってキッチンペーパーで水気をとる

    <揚げ・糖蜜>
    ・フライパンでイモが重ならないよう少量ずつ揚げていく
    ・焦げる一歩手前のカリカリになったタイミングであげる
    ・別の鍋で砂糖と水でカラメル手前の蜜を作っておく
    ・蜜の鍋の火を止めてからイモを入れて蜜と絡ませる

    揚げ油はコメ油。砂糖はフロストシュガーを使いました。
    水溶けが良くてベタベタせずに仕上がるので。

    前に作ったときにはヘロヘロベタベタの失敗でした。いっぺんに揚げ過ぎてイモがカリっと仕上がらなかったこと、砂糖の選択が間違ってたことが原因だったので、そこを見直して再挑戦しました。要領がわかったのでこれからは失敗せずに作れると思います。

    テーマ : 作ってみた
    ジャンル : グルメ

    .

    のぼせもん記事検索
    家族紹介
    家族紹介画像
    つぶやき
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1787位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    680位
    アクセスランキングを見る>>
    お悩み解決ランキング
    バナー
    よかめしFBページバナー よかめしブログバナー logo.gif tumblr_mc4602Dgxs1qgk0ge_convert_20121107074926.jpg midoricafe.jpg env_logo_1.gif
    リンク
    カウンター
    とーちゃんにメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示