モンサントの不自然な食べ物

    今日は「モンサントの不自然な食べもの」という映画を観ました。

    モンサントの不自然な食べもの
    http://www.uplink.co.jp/monsanto/

    Facebookの招待を受けて上映会を知って「絶対観なきゃ!」と思ってました。
    会場は福岡市立中央市民センター3F、料金は電話予約で一人1000円。
    ホールの最後尾の数列が親子席になっていました。

    会場の様子(この写真は上映後)
    IMG_2653.jpg

    上映前に進行の方がキーワードをいくつか解説してくれました。
    ・ラウンドアップ
    ・GM作物
    ・FDA など。

    全く関心が無い人への配慮なのかな・・
    作中で説明があるなら不要だと思います。
    予備知識なしでも楽しめるように作られていないような
    ちょっと作りに問題がある映画なのかな、と思ってしまいました。

    続きを読む

    スポンサーサイト

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    happy-しあわせを探すあなたへ

    今日は高宮のアミカスで『happy-しあわせを探すあなたへ』を観ました。

    happy-しあわせを探すあなたへ
    http://www.happyrevolution.net

    食育推進ネットワーク福岡さん主催で
    「上映会+感想シェア」というスタイルのイベントでした。

    上映ホールの後ろ半分にはシートが敷かれていて、
    そのスペースでは飲食可能になっていました。
    テーブルを囲んで座って観賞するスタイルは新鮮です。

    壁際に並んだマルシェではパン、クッキー、タルトなどが売られていて、
    なかでもウィンドファームのコーヒーは特別に無料で提供されていました。

    コーヒーと無農薬バナナのタルト
    IMG_2593.jpg

    とーちゃんは寝不足で、目覚ましにコーヒーを飲みたかったので、無料は嬉しい。
    タルトも美味しい! 上映前からちょっとした幸福を感じました。

    続きを読む

    内部被曝を生き抜く

    昨日、Qベク(放射能市民測定室・九州)のオープン記念イベントで
    「内部被曝を生き抜く」が上映されました。

    『内部被曝を生き抜く』公式ホームページ
    http://www.naibuhibaku-ikinuku.com/

    この映画は4人の医師のコメントと福島の
    ある家族の様子で構成されています。
    監督のメッセージを強く感じるけど、何かが引っかかります。

    監督は「内部被曝は危険」という結論が最初にあって
    それを裏付ける素材を集めたんだろうな、と感じました。

    ドキュメンタリーといえども監督のフィルターを通す以上は
    完全に中立というわけにはいきません。しかし、
    中立であろうと努めるべきだととーちゃんは思います。
    この作品にはそういう姿勢が感じられませんでした。

    「内部被曝は問題ない」とする学者のコメントも紹介した上で
    なぜ同じ事象に対して評価が分かれるのか、
    前提は揃っているか、根拠になっているデータは何なのか。
    そういったものを提示して欲しかったです。

    鎌仲さんは福島の原発事故以前から作品を通じて
    問題提起をされていたことを踏まえて考えれば、
    あえて監督の主観を前面に出しているのかもしれません。

    マスメディアの「安全」に偏った報道への
    対抗措置的に作られた作品ということであれば、
    この構成はとても効果的だと思います。

    上映後、会場から拍手はなく重い沈黙が・・・
    とーちゃんは重い荷物を負わされたような感覚になりました。

    批判めいたことを書いてしまいましたが、
    いま観ておくべき映画です

    テーマ : 映画レビュー
    ジャンル : 映画

    地球にやさしい生活

    今日は高宮のアミカスで催されたイベントに家族3人で参加しました。
    イベントの記事を書くと長くなりそうなので、
    ここでは映画「地球にやさしい生活」の感想を書きます。

    やさしい生活cafe
    http://www.shokuiku-fukuoka.jp/db/?p=192

    映画『地球にやさしい生活』公式サイト
    http://yasasii-seikatsu.com/

    映画『地球にやさしい生活』予告編
    http://www.youtube.com/watch?v=xmBRo5qX19A

    あらすじ
    『地球にやさしい生活』(原題: No Impact Man)は、
    ニューヨーク市に住むコリン・ビーバンと彼の家族の、
    ゴミ排出、購買、電気消費を1年間行わない生活を題材にする、
    2009年発表のドキュメンタリー映画である。(wikipediaより)

    続きを読む

    テーマ : 映画レビュー
    ジャンル : 映画

    カンタ!ティモール

    昨日(5月12日)、西南コミュニティーセンターで
    「カンタ!ティモール」が上映されました。

    Canta!Timor
    http://www.canta-timor.com/
    15時開場 16〜18時上映
    料金2000円(託児1歳以上500円)

    上映前のロビーの様子
    IMG_9900_convert_20120513214036.jpg

    いのちの映画祭の時に宣伝された方が「とても素敵な映画です」と
    言っていたことが印象残っていて、ずっと楽しみにしていました。

    たしかに素晴らしい映画でした。でもステキという響きから
    来るイメージとはかけ離れていました。

    この映画を観るまで東ティモールで何が起きたのか
    全く知りませんでした。日本が大きく関与していたことも・・
    この映画は日本人が見ておかなければならない映画だと思います。

    ここでも元凶になったのは経済とエネルギー。
    ↓2006年に書かれた記事
    東ティモールと石油|報道写真から
    http://blog.goo.ne.jp/leonlobo/e/7e7b590506bf7f6d85d60ed994527872

    ティモールの人々は日本人を責めません。
    それはありがたような申し訳ないような気分になります。

    昏い事実を知った衝撃が大きかったから後回しになってしまったけど
    たくさんの素晴らしい歌、子供達の笑顔など素敵要素満載です。
    そしてたくさん泣かされました。
    何の涙だかわからない涙がたくさん出ました。

    Twitterでこんなツイートを見ました。
    東ティモールの人々の言葉には「敵」という言葉が存在せず
    代わりに使われるのが「今は違う方向を向いている者」という表現だという
    「今は違う」という事は「いずれ同じ方向を向く」かも知れないという事。


    もう、ほんとに敵いません。

    続きを読む

    テーマ : 写真日記
    ジャンル : 日記

    .

    のぼせもん記事検索
    家族紹介
    家族紹介画像
    つぶやき
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    2610位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    876位
    アクセスランキングを見る>>
    お悩み解決ランキング
    バナー
    よかめしFBページバナー よかめしブログバナー logo.gif tumblr_mc4602Dgxs1qgk0ge_convert_20121107074926.jpg midoricafe.jpg env_logo_1.gif
    リンク
    カウンター
    とーちゃんにメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示