スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ぼくはほうしゃせん

    放射能医学総合研究所(放医研)の「放射能の知識と教養」という
    動画を見たことがありますか?

    とーちゃんはこのニュースを見るまで、動画の存在も知りませんでした。
    以下、朝日新聞デジタルより引用。

    放医研の啓発ビデオ、内容スカスカ 2890万円返還
    2013年10月23日20時01分
     【金子元希、北沢拓也】東京電力福島第一原発の事故後、千葉市の独立行政法人放射線医学総合研究所(放医研)が放射線に関する啓発ビデオを業者に発注して制作したものの、契約では1時間のはずが12分しかなく、内容も大幅に省略されていたことが、会計検査院の調査でわかった。放医研も問題を認識し、文部科学省から出た事業費約2890万円を同省に返金していた。

     問題になったのは、原発をめぐる放医研の事業に、文科省が2011年度に復興予算から支出した補助金。事業の一つとして放医研は、放射線に関する知識を普及するためのビデオ制作を民間業者に発注した。

     企画を募って業者を選ぶ際、放医研は、映像の長さは1時間程度、シナリオは「放射線の種類」など23項目とする仕様書を作成。12年2月、提案のあった8社のうち、東京の広告制作会社と約2890万円で随意契約した。3月、業者から完成品の納入を受けた。


    記事はさらに続くようでした。
    朝日新聞デジタルの会員になれば読めるということで、
    無料会員(三件まで有料記事が読める)の申し込みをしようとしたのですが、
    情報入力用のページを開いたら、入力必須の項目が多くて怖じ気づきました。

    えー、放医研の動画のデキそのものは決して悪くないです。
    むしろ良く出来ていると言っていいと思います。
    ただ、内容については知識も教養も感じないスカスカな印象です。

    ちゃんと作ろうとすると除染や食品の基準値など日々情報が移ろう部分が
    あるので、その部分を削って作ることで大幅にボリュームが減ったと。

    それで出来上がったものは「事故前に作ったのでは?」と
    感じるほど原発事故を反映させていない内容になっています。
    まぁ、放射線が事故後にいきなり危なくなったわけではないけど、
    復興予算からの補助金を使うのであれば反映させるべきだと思います。

    放射線を擬人化しています
    僕は放射線(台詞)

    経口摂取したものが数日で排泄されるかのような描写がありましたが
    セシウム137の場合は生物学的半減期が70〜100日です。
    体内にある間は至近距離で被曝し続けることになります。

    汚染された空気や食品を摂取し続けると体内蓄積もおきます。
    放射性セシウム137連続摂取による体内蓄積
    http://yakkaihousyasen.web.fc2.com/cs_accumlation.pdf

    長期に渡る低線量被曝についてのデータは殆ど存在していないので、
    「わからない」とせずにただ安全を強調するものはウソだと思う。

    動画はこちらで見ることができます。
    放射線の知識と教養|放射能医学総合研究所
    http://www.nirs.go.jp/information/movie/knowledge_education/index.shtml

    感想を寄せることもできますよ
    放医研
    スポンサーサイト

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    ヨウ素と白煙【訂正・追記しました】

    今日は近所に住む友人とラーメン屋で一緒に夕食を食べました。
    帰り路で散歩をしながら近況報告や雑談をしていたら、
    いくつか放射能関連の怖い話を聞きました。

    ・ヨウ素が検出されている
    ・福島第一から白煙が出ている

    平成25年度 食品中の放射性物質の検査結果(平成25年7月25日現在) 
    http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1335252649627/files/20130723kekka.pdf

    ↓転記ミスだそうです。訂正されました。
    平成25年度 食品中の放射性物質の検査結果(平成25年7月29日現在)
    http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1335252649627/files/20130729kekka.pdf


    7月23日に検査した福島県産の桃から放射性ヨウ素が検出されています。
    ごく微量ではありますが、気になります。

    その後の確認で転記ミスであることがわかりました。

    ヨウ素131 は半減期が8日だから、2011年の3月に飛散したものであれば、
    半減期を何十回も重ねているので、殆ど確認が出来ないはずです。

    今回はヨウ素ということでミスが発覚したけれど、
    セシウムの数値が多少違っていたとしても気付けないでしょうね。
    ヨウ素の心配は解消したけど、データの信頼性は大丈夫?


    福島第一の3号機建屋から白煙が出ていることもあって
    「再臨界か?」と考えてしまいます。

    福島第1原発:3号機建屋から湯気 東電が確認作業 -毎日jp(毎日新聞)
    http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130718k0000e040173000c.html

    福島第1原発:3号機建屋から湯気 東電が確認作業
    毎日新聞 2013年07月18日 10時57分

     東京電力は18日午前、福島第1原発3号機の原子炉建屋5階から湯気のようなものが上がっているのを確認したと発表した。原子炉の温度や周囲の放射線量などに変化はなく、東電は「原因は不明」として確認作業を続けている。

     東電によると、同日午前8時20分ごろ、がれきの撤去作業前にカメラで現場確認を行っていた作業員が、3号機原子炉建屋の5階中央部付近から、白い湯気のようなものが漂っていることを確認した。

     このフロアには使用済み核燃料プールがあるが、注水は継続され安定的に冷却できているという。建屋内は線量が高く、目視での確認は難しいため、東電はカメラによる監視を継続。また、原子力規制庁の現地検査官が状況を確認している。【八田浩輔】


    湯気と聞くとなんでもないことのように思えるけど、
    YouTubeにアップされている動画を見ると白煙と表現するほうが適当かも。
    「原因は不明」とサラっと書いてるけど、とーちゃんは怖いです。

    SPEEDIの拡散シミュレーションを見つけたけど、
    実際にヨウ素が拡散したというわけではなさそうです。
    しかし、必要性があったからシミュレートしたのですから
    軽く見ることはできません。

    調べてはみたけど、ぼんやりと不安になっただけでした。
    再臨界の可能性は常にあるし、今後も何か異常があるたびに
    不安になるでしょう。 首相は平気そうだなぁ・・



    売国奴

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    バンダジェフスキー講演会

    7月12日、早良市民センターで催された
    「バンダジェフスキー博士福岡講演 with 木下黄太」に行ってきました。

    当日券1500円
    IMG_6510.jpg

    当日のギリギリまで行くかどうかを迷いましたが、
    バンダジェフスキー氏の話は一度はご本人から聞いておかねば、と
    半ば義務感で行くことにしました。

    とーちゃんが会場に着いたのは開演直前。
    500人キャパの会場に300人程度は入ってる感じでした。
    チケットは400枚以上さばけているらしいので、
    山笠の影響で遅れて来る人が多かったみたいです。

    講演タイトルは
    体内に取り込まれたセシウム137の医学生物学的影響

    講演の最中は眠気との戦いでした。
    ステージを見上げる形になっていたので目が乾きやすくて
    開けておくのがしんどかったこともあるのですが、

    とーちゃんが通訳を介しての講演に慣れてないこともあって
    集中力を保つのがとても難しかったです。

    ひと頃アホほど勉強したこともあって新しい知見もさほどなく、
    うちでかーちゃんにシェアするためだけにメモをとってました。
    (かーちゃんには既知のことばかりだろうけど・・)
    他の皆さんはどう感じたのだろう?


    今回の講演会で強調されていたこと。

     ・体内の放射性物質を測らなければ
      症状との関連性について証明できない
             ↓
     ・日本で測定するシステムを作るべき



    繰り返し出てきたのは以下のフレーズ。

    調査対象の子供たちで今も生きている人は殆どいません。

    ベラルーシの人口統計はいったいどうなっているんだろう?
    調べているうちに以下の記事をみつけました。

    人口統計上の大惨事 - チェルノブイリ事故の影響、特にセシウム137
    http://ameblo.jp/cyber-michi/entry-11369641065.html

    バンダジェフスキー氏の講演内容と符合する部分がありますので、
    講演に行った方には特におすすめしたい記事です。

    テーマ : 放射能汚染
    ジャンル : 政治・経済

    ベラルーシという指標

    今日はベラルーシ・プロジェクト報告会のDVD上映に顔を出しました。
    埼玉で催された川根眞也さんの話を中心とした報告会の様子を撮影したものです。

    会場はココロンセンター会議室(博多リバレイン10階)
    告知ページの地図が誤っていて若干の混乱があり、少し遅れて上映開始。

    報告の冊子は700円で販売されており、かーちゃんが既に購入済み。
    今日の上映会には持参して行きました。

    発行元はこちら

    内部被ばくを考える市民研究会
    http://www.radiationexposuresociety.com

    川根さんは限られた時間の中でたくさん情報提供をするためなのか
    生来のものかわからないけど、とても早口で内容についていくのが大変。

    話を聞いていて、整理が着いたつもりでいた部分が刺激されて
    不安と後悔の念がジワジワと湧いてきました。

    福島第一原発の爆発をもっと深刻に受け止めるべきだった。
    もっと早く避難するべきだった。


    冊子にはベラルーシについてのデータは冊子にうまくまとめられています。
    その中のひとつを紹介しますね。

    原発事故前のベラルーシの子供の甲状腺がんの発症数は
    10万人あたり0.1人。他国と変わらない数だったそうです。

    1987年(事故から1年)0.2人
    1988年(事故から2年)0.3人
    1989年(事故から3年)0.3人
    1990年(事故から4年)1.2人
    1991年(事故から5年)2.5人
    1992年(事故から6年)2.8人
    1993年(事故から7年)3.4人
    1994年(事故から8年)3.5人



    事故後の発症率は増加しています。
    これらはヨウ素131による影響と見るのが自然です。

    隣国のポーランドでは安定ヨウ素材剤が配布されたため
    甲状腺がんは有為に増えていないそうです。
    (ポーランドの発症率の推移データも見たい)
    事故直後の対応が明暗を分けた事例ですね。

    福島第一原発の事故の場合は一般市民はプルームの襲来を知らされていません。
    ヨウ素剤が配布されることもありませんでした。
    日本がベラルーシと同じ道を歩む可能性は高いでしょう。

    プルームによる被曝を逃れることができたのは国と東電の発表を
    鵜呑みにせず、独自に情報を集めて決断をできた人です。

    DVDの後半で登場した肥田舜太郎さんの言葉が印象的でした。

    自分の命は自分で守る

    もう、この一言に尽きます。

    ヨウ素については、これからできることはありませんが、
    他のリスクを気にしつつ、最善策を探し続けようと思っています。

    テーマ : 今日のつぶやき
    ジャンル : 日記

    楽天レシピと放射能対策

    個人的に今とても気になっていることがあります。

    楽天レシピの放射能に対するスタンスについてです。

    かーちゃんはレシピ検索にはクックパッドを使ってるし、
    とーちゃんは楽天のサービスから距離を置いていますから
    (個人情報流出以降ずっと様子見しているので)
    楽天レシピというサービスそのものを知らなかったのですが、
    あるツイートを見て興味を持ちました。

    楽天レシピに「放射能対策」と入れてレシピを書いたら、その部分を消すように指示された。消したら載った。おかしいよね、こんなの。後から書き足してやろうかと思ってる


    放射能対策のレシピというのはどんなものなのかな?
    放射性物質を含まない食材を選ぶこと以上の意味を持ってそうです。
    一旦取り込んでしまった放射性物質の排出を促す料理なのかな?

    楽天レシピが削除した意図について回答ツイートをしていました。

    ご不快な思いをさせてしまい申し訳ございません。しかしながら科学的根拠や風評被害の問題もあり多くの方に誤解を与える可能性もあるため、「放射能対策」は楽天レシピでは掲載をお断りしています。ご了承の程お願いします。


    この回答は楽天レシピにとって危険なかもしれません。
    科学的根拠を理由に「放射能対策」という表現が使えないのであれば
    「ダイエット」「デトックス」などもNGワードになりませんか?

    楽天レシピが表現に介入するということはレシピの表現に関しての責任は
    投稿者ではなく、楽天レシピが有しているということを表明と言えるわけで、
    楽天レシピは大変な重荷を背負っちゃったんじゃないかなー。

    試しに楽天レシピで「放射能」を検索してみると
    放射能対策と書かれたレシピがありました。
    スク6

    これから対応をするのか、対応方法が変わったのか・・

    今後の楽天レシピの対応に注目します。

    .

    のぼせもん記事検索
    家族紹介
    家族紹介画像
    つぶやき
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1829位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    696位
    アクセスランキングを見る>>
    お悩み解決ランキング
    バナー
    よかめしFBページバナー よかめしブログバナー logo.gif tumblr_mc4602Dgxs1qgk0ge_convert_20121107074926.jpg midoricafe.jpg env_logo_1.gif
    リンク
    カウンター
    とーちゃんにメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。