ランクイン

    クラウドワークスから「週間ランキングのトップ10に選ばれました!」というメールが来ました。クラウドワークスというのは日本最大級のクラウドソーシングサービスで、「オンラインのお仕事マッチングサイト」です。

    ひとたび登録をすれば、登録者に合った情報が毎日午前中にメールで送られて来て、これを昼頃にチェックするのがとーちゃんの日課になっています。





    クラウドワークスだけで食っていけるデザイナーもいるようですが、
    とーちゃんの場合はまだまだ活用しきれておらず小遣い稼ぎに留まっています。

    4位 契約ランキング(サイト運営・ビジネス・翻訳部門)

    確かに数件契約したけど、正直あまり稼げてないから意外です。
    ランクインの影響なのか、ここ数日はスカウトを受ける機会が増えてる気がします!(たぶん効能はランクインしている間だけ・・)でも、いま抱えている案件が片付かないと受けられません。

    ランクイン効能があるうちにチャッチャと片付けちゃおう!
    スポンサーサイト

    H.R. ギーガー

    H.R.ギーガー氏が亡くなりました。

    悪魔的な怪しさと美しさに魅せられて学生の頃から作品集を買い集めましたし、
    「私が好きなデザイナー」というスピーチで題材にさせてもらったりしました。

    デザイナーというよりアーティストと言ったほうが相応しいのかもしれませんが、
    そういった分類を超越した「鬼才」と呼ぶのに相応しい人物だったと思います。

    手元にあるギーガー関連書籍を読み返して追悼。
    DSCF9636.jpg

    学生の頃、ギーガーコレクションを見た母(ばーちゃん)の反応は
    「気持ち悪い」「不健康」というネガティブなものでした。
    ま、そうだよね・・

    うちのコレクションでも珍品のタロットカード
    DSCF9637.jpg

    ポスターにもなりそうなマットも付いていますが紙の折り目が邪魔で
    実用に向きません。(布製にしてくれれば良かったのに!)

    カード裏のパターンがいかにもギーガー!
    DSCF9638.jpg

    実家に帰れば学生時代に買った画集がまだまだあるので
    帰省したら部屋に籠って観直したいと思います。

    H.R. Giger Tarot (Evergreen)

    新品価格
    ¥41,365から
    (2014/5/15 15:27時点)


    テーマ : アート・デザイン
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    ふるさと館・博多人形実演

     とーちゃんは今「売れるHAKATA伝統工芸品の開発プロジェクト」というものに参加しています。地元のデザイナーと工芸士さんのコラボで新商品を開発しようというものです。来週にプレゼンを控え、アイデアを練っているところなのですが、まだまだアイデアを組み立てる材料が足りないと感じたので、今日は「博多町家ふるさと館」の展示と実演を見ることにしました。

    櫛田神社そばの「博多町家ふるさと館」
    DSCF9022.jpg
    博多町家ふるさと館
    http://www.hakatamachiya.com

    ふるさと館では毎日実演・体験できるコーナーがあり、今日は博多人形制作の実演を見ることができました。博多人形の原型を粘土で作っていて、今日見せていただいたのは「文殊菩薩騎獅像」

    作業をしながらたくさん話を聞かせてくださった高山先生
    DSCF9030.jpg

     ここまで作るのに三日ほど。ここから原型の完成まで1ヵ月くらいかかるそうです。ろくろ回しながら作業しやすい体勢を保っていました。ふるさと館は空調のためか粘土が乾くのが早いので、たまに霧吹きを使って乾燥し過ぎないようにしているのだそうです。獅子の足の間、腹の下の粘土は全体がしっかり固まってからでないと粘土の重みに耐えきれず潰れてしまうのとか。

     資料も無いまま作業を進められているのが不思議だったのですが、「長年やっていると、形が頭に入ってる」とのこと。それでも作るのに苦労するものもあるらしいです。たとえば獅子像のオシリ。後ろから見た写真や資料があまりないのだとか。

    高山先生の道具
    DSCF9029.jpg

    道具の中で特に面白いのは煤竹で作られたヘラ。
    煤竹は長年燻されて良い硬さになるのだそうです。
    恥ずかしながら今日話を聞くまでは煤竹のことを知りませんでした。

    煤竹 - wikipedia

    煤竹(すすだけ)とは、古い藁葺き屋根民家の屋根裏や天井からとれる竹のこと。100年から200年以上という永い年月をかけ、囲炉裏の煙で燻されて自然についた独特の茶褐色や飴色に変色しているのが特徴。煙が直接当たっている部分は色濃く変色しているが、縄などが巻かれて直接煙が当たらなかった部分は変色が薄く、ゆえに1本の竹に濃淡が出て美しい表情をもつ。昨今は煤竹そのものの数が希少傾向にあり、価格は1本で数十万円以上することも普通である。




     今日の実演にはありませんでしたが、原型作り以外の作業についても快く教えてくださいました。

    高山さんの作品
    DSCF9031.jpg

    左の人形の鎧の金色は実際に金を使っているそうです。
    にかわが濃過ぎると金が黒っぽくなるので、そうならない濃度に調整するのだとか。

    右の写真は「淡彩」という技法で塗られたもので、濃淡を表現しやすい塗り方だそうです。

    帰りには高山先生が「良い」と行っていた櫛田神社の狛犬をチェック
    DSCF9060.jpg

    もちろん後ろ姿もおさえておきましたよ
    DSCF9059.jpg

    続きを読む

    テーマ : 報告・レポート
    ジャンル : 日記

    ピースマークの由来

    Facebookに灯籠で作られたピースマークの写真が投稿されていました。
    平和への祈り・・ということなのだと思いますが、疑問が湧きました。

    このマークのどのあたりが平和なのだろう?
    とーちゃんには、これが何を象っているのか判りませんでした。

    ピースマーク - Wikipedia

    ピースマークは平和運動や反戦運動のシンボルとして世界中で使われているマーク。円の中に鳥の足跡を逆さまにしたような形をしている。
    起源については諸説あるが、イギリスの平和団体の核軍縮キャンペーン(CND)のためにイギリス人アーティストのジェラード・ホルトム(Gerald Holtom) が1958年にNuclear Disarmament(核軍縮)の頭文字「N」と「D」を手旗信号で(「N」の両腕を斜め45°で下ろした形と「D」の右手を上に左手を下にした形を合体させ、これを円で囲んで)表したものをデザインしたものである。1960年代後半のアメリカのヒッピー運動やベトナム反戦運動と共に平和・反戦の象徴として世界中に広まった。


    平和のイメージをシンボルにしたのではなく、
    核軍縮への意思を込めたデザインだったのか。


    peacesymbol.png

    手旗信号のアイデアは、いつかロゴデザインに取り込みたい。
    手旗信号フォントは、もうありそうだな〜

    とーちゃんはN.D.というと「Nuclear Disarmament」よりも
    放射能測定での不検出の「Not Detected」のほうが浮かびます。
    測定後にこんなステッカーを貼ったらどうだろう?

    名称未設定 1

    「ストロンチウムは水産庁で測ってる」というツイートを見かけたので
    水産庁のサイトで「ストロンチウム」で検索をして過去資料に
    目を通したけど、今年に入ってからのデータがありませんでした。
    (とーちゃんが見つけられないだけかもしれませんが・・)

    テーマ : アート・デザイン
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    【没デザイン】ケバブバーのロゴデザイン

    コンペで敗れたロゴデザインを自分なりに分析してみます。
    今後のデザインにフィードバックできればいいな、と考えています。

    今回分析するのは「サムライケバブバー」のロゴデザイン。
    提案するときに使用した画像がこれです。

    SKB提案1


    「サムライ」という言葉から真っ先に浮かんだイメージは日本刀。
    公開形式のコンペで、とーちゃんがコンペへの参加を検討している段階では
    他のデザイナーから、侍や日本刀を取り入れたデザインが数多く
    提案されていました。(肉を日本刀で削いでいる侍のシルエットとか)

    とーちゃんはもう一歩踏み込んで日本刀の「鍔(つば)」を使うことにしました。
    鍔には様々なデザインが存在するのですが、ロゴで使う場合には
    シンプルで判りやすいものにする必要がありますが、
    ここでは筆文字に視線を集める効果を狙って放射線状の線を配置しました。

    でも、冷静になって見直すと鍔ではなく、レンコンに見えます。
    筆文字には太めの白縁を付けましたが背景との差別化ができていません・・
    視線を集めるどころか、コントラストが強くて散漫になっています。

    とーちゃんがうまく処理しきれなかった部分を
    キレイにまとめたロゴデザインを天神で見つけました。

    サムライジェラート
    IMG_6851.jpg

    鍔を使う着想は、とーちゃんと同じですが
    桜のシルエットのような複雑なパターンを置きながらも
    楕円で囲むことで店名をしっかり見せています。

    そうか。こうすれば良かったんだ!

    気付いてしまえばとても簡単なことなのですが、
    考えているときには案外抜け落ちてしまうものなのです。

    テーマ : アート・デザイン
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    .

    のぼせもん記事検索
    家族紹介
    家族紹介画像
    つぶやき
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    2965位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    999位
    アクセスランキングを見る>>
    お悩み解決ランキング
    バナー
    よかめしFBページバナー よかめしブログバナー logo.gif tumblr_mc4602Dgxs1qgk0ge_convert_20121107074926.jpg midoricafe.jpg env_logo_1.gif
    リンク
    カウンター
    とーちゃんにメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示