スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    宝満山初登頂

    10月24日は久しぶりの快晴。午前中に干しておいた布団を取り込んで、午後から宝満山に登ることにしました。登山口近くの「山の図書館」でいただいた登山案内が役に立ちました。(一応自前でも用意していた)

    宝満山登山案内
    宝満山1

    今回は往路を男道、復路はキャンプセンターを経由して女道というルート。

    <装備>
    ショルダーバッグ
    ・水350ml
    ・お湯300ml
    ・タオル
    ・デジカメ
    ・作業用手袋
    ・ビニール袋
    ・防風インナー(帰りのバイク用)
    ・ウィンドブレーカー(移動中は腰に巻いてる)
    ・懐中電灯
    ・地図

    <服装>
    ・帽子
    ・TシャツとロンTの重ね着
    ・ワークパンツ
    ・作業用手袋
    ・トレッキングシューズ

    ハイキング気分で行ってみたものの、実際に登り始めてみると予想以上の運動強度でした。登りでは座って休憩できるところでは毎回座って休憩しました。給水してから、呼吸と心拍数を整うのを待ってから動くようにしていました。

    100段ガンギ
    宝満山7

    道中ですれ違う人とは「こんにちわー」と挨拶を交わしながら服装や装備を確認していました。杖を持っている人、短パンTシャツで山道を駆け抜けていくトレイルランナー、後期高齢者のご夫婦、若者のグループなど、多種多様な登山者がいて面白かったです。

    男道(左)と女道(右)の分岐点
    宝満山3

    山頂からの景色
    宝満山4

    山頂では強めの風が吹き続けていました。汗で濡れた服が乾くと同時に体温も奪われていく感じ。今回は食べるものを何も持ってなかったことが失敗だった。(でも山頂で会った方がパンを分けてくれました)次に来るときには誰かに分けてあげられる程度の食料を持参したいな、と思った。

    山頂の気温は22度(体感的にはもっと寒く感じる)
    宝満山8

    続きを読む

    スポンサーサイト

    テーマ : アウトドア
    ジャンル : 趣味・実用

    津屋崎・宗像、原チャリ100キロ。

    昨日、原チャリで宗像まで往復しました。

    自宅を出る頃には天気が良かったので原チャリで出掛けましたが、
    昼頃から曇って風が強くなり、日が暮れるころには寒くなりました。

    最初に向かったのは津屋崎。
    福津の避難ママさんに誘われていた津屋崎のよっちゃん祭に行きました。

    折波宮では美味しいパンと出会える「よっぱん祭り」
    DSCF9485.jpg

    ぶどうとくるみの全粒粉パン 220円。ゴマが香ばしい。
    DSCF9484.jpg

    風が強くて寒かったので室内で暖かいものを食べたくなりました。
    寄ったのは店頭でハーブティを試飲させてくれたティーハウスmiyaさん。
    DSCF9488.jpg

    miya和風たけのこカレー 700円
    DSCF9490.jpg

    4月19日・20日のよっちゃん祭り期間中は特別メニューだそうで、
    この間は簡易容器を使うのだとか。店の雰囲気とマッチしてないですよね。
    雑な接客と食べにくい木のスプーンが印象に残ってしまいました・・

    豊村酒造さんは「酒蔵cafe」や試飲、酒造に使う機械や
    昔使われていた道具の展示など、かなり楽しめるスペースになっていました。

    豊盛大吟醸の小さいボトルを宗像の事務所への土産用に買いました。
    DSCF9491.jpg

    自分用には1合枡を。
    DSCF9506.jpg

    津屋崎まで足を伸ばしておいて宗像の選挙事務所に顔を出さないのは
    不義理なような気がしたので(今日が投票日だった宗像市長選挙のために
    チラシなどのデザインの仕事をさせていただいた)
    選挙事務所に顔を出すことにしました。

    とーちゃんも宣伝車に乗り込んでちょっとお手伝いをさせてもらいました。
    「マイクおさめ」にも立ち会うことができました。

    低速で走ってる宣伝車でさえ窓が開いてると寒いくらいだったのに
    帰り道また原チャリで帰るのは嫌だな、と半ば泊まるつもりでいました・・が!
    翌日の天気予報は雨だったので渋々復路を二時間かけて帰りました。

    往復

    帰宅した頃には日付が変わっていました。

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    鴨生神社の鈴が落ちた

     1月1日の午後、今年の初詣はとーちゃんの実家から一番近い神社「鴨生神社」に行きました。小さな山の天辺にある小さな神社で、お正月でも宮司さんは居ないし御神籤もありません。

    社に続く階段
    DSCF0251.jpg


    寄り添いあう狛犬
    DSCF0254.jpg


     とーちゃんが写真を撮っているあいだにかーちゃんとつぐっちが参拝していたのだけど、ガランガランと鈴を鳴らしたあとにガシャーンという音と悲鳴が聞こえてきました。 やっちまったな、かーちゃん。神様すみません。

    落っこちた鈴とつぐっち
    DSCF0256.jpg
     
     落ちて来た鈴を見てみるとネジ一本で梁に留められていたようです。だれも怪我をせずに済んで良かった。大きな神社だったらニュースになっていたかもしれません。受験生なら絶望感に襲われるんじゃないだろうか(笑)
     
     どこに連絡をしたら良いのか判らなかったので、ばーちゃんが組内の顔が利く人に電話をして、鴨生神社の管理をしているところに連絡がいくよう手配をお願いしました。
     
     数時間後、出掛けていた弟が鴨生神社に寄って帰って来たので「鈴はあった?」と聞いたら「無かった」とのこと。ああ、早く元通りになりますように。
     

    テーマ : 写真日記
    ジャンル : 日記

    不思議博物館

    前から看板が気になっていた「不思議博物館」に入ってみました。
    知人の畑で大根と蕪をわけてもらった帰りに寄りました。

    那珂川町を通過するたびに、かーちゃんは気になって仕方がなかったそうです。
    博物館の看板のところから狭くて急勾配の坂道を登ってなんとか駐車しました。
    (あとから近所の会社の駐車場を利用可能なことを知りました)

    不思議博物館
    http://www.asahi-net.or.jp/~bu9t-sm/


    博物館への階段
    IMG_9763.jpg

    階段を登る前から濃いめのアングラ臭を感じます。

    博物館のカフェコーナー
    IMG_9767.jpg

    ピンボケ写真でごめんなさい。
    わかりにくいのですがカウンターの向こうにいる青い帽子の方が館長さん。
    隣にいるメイド服の方が「不思議子ちゃん」です。

    不思議博物館のホームページにはこうあります。

    不思議子ちゃんはメイドさんではないんです!


    とーちゃんには正直よくわかりません。
    他の人に不思議博物館のことを一言で説明するとしたら
    「ざっくり分類すれば、メイドカフェかなぁ・・・」と言ってしまうかも。

    こんな辺鄙なところに来る物好きな客はなかなかいないだろうと思っていたのに、カフェスペースはカウンター席、テーブル席とも埋まっていて満席状態でした。よく見るとカップやポットには脚が生えてました・・これも館長の作品なのかな?(カフェスペースで注文していないので、気後れして撮影できませんでした)

    壁面にディプロカウルス
    IMG_9769.jpg

    巨大クリムゾン
    IMG_9776.jpg

    伝説のクソゲー「デスクリムゾン」の専用コントローラー(笑)
    何度かプレイしましたが、スタートして一瞬でゲームオーバーです。

    wikipediaから抜粋

    福岡県在住の造形作家・角孝政は、『デスクリムゾン』を元に、クリムゾンが巨大に進化を遂げた姿をイメージした造形作品「巨大クリムゾン」を制作した。中にはセガサターン本体と『デスクリムゾン』のディスク、そしてバーチャガンの部品を利用した仕掛けが収められ、テレビと組み合わせて実際にプレイすることが可能である。制作の意図は、普通のゲームとはかけ離れた「異端」のこのゲームに対して、旧来の価値観や常識の逆転という現代美術の特徴と共通するものを感じたところから、ただでさえ難しく不条理なこのゲームをさらに遊びにくくしてしまうことで、そうした価値観のずれを極端に増幅したというものである。2005年に福岡アジア美術館で開催された現代美術の展覧会「第3回福岡アジア美術トリエンナーレ2005」に出展され、さらに会期終了間際の会場において作者と『デスクリムゾン』の生みの親・真鍋賢行との対談も行われた。「巨大クリムゾン」はイギリスでの美術展にも出展された後、福岡県那珂川町にある作者自身の私設美術館「不思議博物館」に収蔵されており、日曜日・祝日限定ではあるがプレイすることが出来る。


    デス クリムゾン

    中古価格
    ¥2,670から
    (2013/12/17 01:50時点)




    巨大クマムシ
    IMG_9783.jpg

    「地球最強の生物」と言われるクマムシの巨大オブジェ。
    同じフロアからでは全体像が捉えられないサイズなので二階から撮影しました。

    続きを読む

    テーマ : 写真日記
    ジャンル : 日記

    太宰府天満宮の穴場

    一昨日は「地面に大きな絵を描こう!」のあと太宰府市役所から
    太宰府天満宮まで歩きました。

    太鼓橋を渡って楼門をくぐって本殿で参拝からの九州国立博物館、
    子供連れなら「だざいふえん」というのが定番ルートでしょう。
    今回はちょっとマニアックなところを紹介します。

    ひとまずおやつに、わらび餅(抹茶)
    IMG_8399.jpg

    冷たい抹茶
    IMG_8406.jpg

    我が家の定番、寺田屋のわらび餅
    IMG_8408.jpg

    本殿の裏側には絵馬がかかっています
    IMG_8413.jpg

    学問の神様だけあって、受験の願いが殆どです。
    とーちゃんがいいなぁと思うのは本人以外のことを願う絵馬。
    「@@さんの努力が実りますように」「@@ちゃんが合格しますように」
    遠方の友人のためであったり、家族のためであったり、
    真剣な願いを見ているうちに目頭が熱くなってきます・・
    「嵐のチケットがとれますよーに」という絵馬は叩き割りたくなった

    本殿の裏には包丁塚や筆塚があって、
    そのすぐ近くから裏山に登れるようになっています。

    続きを読む

    テーマ : 写真日記
    ジャンル : 日記

    .

    のぼせもん記事検索
    家族紹介
    家族紹介画像
    つぶやき
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    2039位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    772位
    アクセスランキングを見る>>
    お悩み解決ランキング
    バナー
    よかめしFBページバナー よかめしブログバナー logo.gif tumblr_mc4602Dgxs1qgk0ge_convert_20121107074926.jpg midoricafe.jpg env_logo_1.gif
    リンク
    カウンター
    とーちゃんにメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。