スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    後悔しないために

    年またぎで行われた佐賀県知事選は僕が望む結果にはなりませんでした。

    SNSでの応援、ポスティング、ポスター貼り、電話かけと僕も出来るだけの応援をしました。たぶん僕が関わった部分で票に影響したのは片手で数えられる程度だったろうと思います。それでも残念な気持ちを選対チームと共有できた気がしています。素晴らしい候補が立ってくれたのに送り出せませんでした。

    僕はいま次の統一地方選にむけて尽力しています。

    デザイナーとして仕事を受けるからには報酬はキチンといただきます。
    でも、プロとしての節度とか距離感とかそういうことは脇に置いて全力応援するつもりです。もっとできることはないか、やれることはないかを探しながら完全に身内になって支えようと思ってます。

    かえって迷惑をかけることになってしまうかもしれないけど「実はあのとき@@と思ってたんだよね」なんて後になって訳知り顔で講釈を垂れるようなことはしたくない。知恵も力も惜しまず出しきりたい。

    立ってくれた候補者に乗っかるのでなく支えたい。
    覚悟につきあう覚悟をして関わりたいと思ってます。

    今日の事務所前
    事務所前

    今日は南区のほうで路面凍結しているところもあると聞いたのでバイクを置いて帰ります。


    8日(日曜)には事務所開きがあり、本格的に始動していきます。僕が応援している福岡市西区の「えとう真実」さんに興味がある方はぜひおいで下さい。

    えとう真実とレインボープロジェクト
    http://etoumami.com

    えとう真実とレインボープロジェクト(FBページ)
    https://www.facebook.com/rainbow.prj
    スポンサーサイト

    テーマ : 選挙
    ジャンル : 政治・経済

    佐賀県知事選告示

    今年のクリスマスは唐津で佐賀県知事選のポスターを貼りに行きました。

    今回の佐賀県知事選はとーちゃんにとって特別な選挙です。
    昨年の自然エネルギ−学校でお世話になった島谷ゆきひろ先生が立候補しました!

    ちなみにこちらが昨年の自然エネルギ−学校の記事
    http://tostrich.blog.fc2.com/blog-entry-802.html

     唐津の後援会事務所に向かう途中で西日本新聞を買って今回の選挙戦について予習。1面は第三次安倍内閣の記事ですが、そこはすっ飛ばして佐賀の地方版を確認。知事選に立候補を表明している4名の告示日の予定や選挙戦の展望についての前情報を仕入れました。

    ポスターは早めに貼るのが鉄則。
    「飯盛さんは後援会に人を立ててないから出遅れそう」
    「山口さんは知名度に危機感を覚えてるから早めに動きそう」
    素人の予想でしたが、実際にポスターを貼ってみると予想通りの動きでした。

    一番乗り!
    島谷幸宏ポスター

    とーちゃんは車も無く唐津の地理もわかりませんでしたが、地元の方の車に乗って一緒にポスターを貼っていきました。今日の唐津は天気が良くて風も穏やかでした。前の晩に雨が降ったこともあって空気が澄んで景色も綺麗でした。

    唐津発電所
    唐津火力発電所

    唐津の火力発電所は存在感がありました。今残っているのは2号機と3号機。
    それぞれ昭和46年、48年に運転開始。(47年生まれのとーちゃんと同年代)
    平成16年10月から停止運用中で現在の稼働率はゼロ。

    政府は原発をベースロード電源としたいようですが、事実上のベースロード電源は火力発電です。老朽化した火力発電はガスタービンコンバインドサイクル発電などに置き換えていくのが有効だと思うのだけど、どうだろう?
    再生可能エネルギーへの「つなぎ」としては悪くない選択だと思うんだけど・・・

    佐賀県には玄海原発があるので再稼働への姿勢も注目のポイントです。

    以下、島谷幸宏後援会から引用

    原子力発電所に関しては次の4つの理由から疑念を持っており、我が国においてはなるべく早く原子力発電からの脱皮が必要であると考えています。①核廃棄物の処理が極めて困難であること、②安全性に対して100%の信頼をおけないこと、③もしも事故になると多くの人が苦しみ、ふるさとがなくなること、④ライフサイクルコストを考えると割高であることなどが理由です。
    県政における原発問題の最大の論点は県民の安全性の確保と考えます。
    福島の状況を見ても、原子力発電所の安全性は100%ではないため、原発の再稼働に関して、私は反対です。


    とーちゃんが島谷先生を応援するのは原発やエネルギーだけが理由ではありません。先生が「合意形成の専門家」でもあることがとても重要であり、それを裏付けるたくさんの実績があること、とーちゃん自身が島谷先生の取り組み方を間近で見る機会があったことが理由です。

    今月22日に島谷先生が仰ったこと

    人間は変われるから素晴らしい。
    人間は変わることが出来るから合意形成ができる。


    「この道しかない」と思考停止を恥じない言葉を吐く誰かとはモノが違います。
    とーちゃんは正しい民主主義のプロセスを実行できるリーダーを応援します。

    テーマ : 選挙
    ジャンル : 政治・経済

    どんぐり政治の種まき祭に参加してみた

    1月25日に伊都文化会館の大ホールで催されたイベントに参加しました。
    「”藤井よしひろとどんぐり政治”の種まき祭り〜もっと好きになる糸島へ〜」

     要は26日に告示される糸島市議選の前日に行われる藤井よしひろ氏の決起集会なのですが、雰囲気は「決起」とは遠く「祭り」というのにふさわしい緩いものでした。来場者はスタッフも含めて150人くらいかな?「子育て世代」とアピールをしていることもあって子供連れに配慮したスペースが設けられていました。実際、子供が多かったです。

     先日参加した市長候補の討論会では子供は追い出されていました。たぶん託児なんていう発想ははじめからありません。選挙人の内訳を見れば子育て世代より、年寄りのほうを向いてやるのが有効なのでしょうね。

    会場の様子
    DSCF8855.jpg

     会場のレイアウトは四角いスペースを丸く使っていて、和やかな場を演出していました。ステージの向かいの客席最前部には畳のスペースも設けられていたけど、あまり活用されていなくて勿体無かったですね。とーちゃんはパイプ椅子より床に座るほうが好きだけど、誰もいない最前列に座り込む勇気を持てませんでした。

    竹コップを売ってました
    DSCF8857.jpg

     会場入りする前に外で食事を済ませていたので、食べ物のマルシェには寄りませんでした。とーちゃんが気になったのは竹コップを売っていたスペースです。竹を使った細工モノを作って売れないかと考えていたところだったので、価格と作り方を興味津々で見てました。 

    続きを読む

    テーマ : 写真日記
    ジャンル : 日記

    市民議会について考えてみた

     藤井よしひろさんが掲げている「市民議会」について考えてみました。

    藤井よしひろとどんぐり政治プロジェクト
    http://www.fujiimon.net

    とーちゃんは「市民議会」と聞いて直接民主制のことかと思いました。
    実際によく聞いてみるとそういうわけでもないようです。

    どんぐり政治プロジェクトが提唱する
    市民誰もが参加できる「市民議会」とは

    ・議員も市民も、お年寄りも子どもも、障がいのある人もない人も、
     誰でも「市民議会」に参加し発言できます。

    「市民議会」でまとまった意見を、 市民の代表として議員が
     議会に届けます。


    市民議会のメリット

    知る

    ・政治がより身近になる
    ・市の現状・課題や税金の使われ方が見えやすくなる


    参画する

    ・市民みんながジブンゴトとしてまちづくりに参加できる
    ・課題解決に向けて市民合意を形成できる


    協働する

    ・市民の直接的な意見が議会に反映される
    ・市民のニーズにあった政策提言ができる



    市民議会の解説イラストを考案中
    DSCF8730.jpg

     選挙以外にも市民が市議会に働きかける方法が現在は二つあります。
    ひとつは「傍聴」もうひとつが「請願」です。
    傍聴は字の通り「傍で聴く」だけですから、
    一般市民が積極的に市政に関わるとすれば請願しかありません。
    「市民議会」は議員を介して参加する第三の手段と言えそうです。

     市民議会では徹底的に話し合って合意形成するそうです。
    (完全合議制だと捉えていいのかな?)
    そうは言っても、賛否がハッキリ分かれるような議題だと
    1つの意見にまとめるのには時間がかかってしまうでしょう。

     その時は賛否とも意見は意見として議会に持っていくの?
    それとも一つの意見にとりまとめて行くのかな?
    とーちゃんが藤井さんと話した感触だと後者のようでした。
    しかし時間的制約がある以上、非常に難しいでしょう。

    ここでとーちゃんが疑問に思ったこと
    ・市民は自らの不利益を被る決定が下せるだろうか?
     (例:自然エネルギーにシフトするが電気料金は上がる)
    ・市民議会の開催日時によって参加者の層が偏りそう

    他に「市民議会」を実現しているところがあれば、
    どういう意見が市民から出たのか?
    意見を反映させた施策はどんなものか?
    というところが詳しく知りたいところです。

    テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
    ジャンル : 日記

    選挙を最大限楽しむ方法

     糸島で面白い話を聞いてきました。車の中に携帯を忘れていたので時間を確認できずにいたのですが、糸島を発つ頃には23時を回っており、自宅に着く頃には日付が変わっていました。

     10月に行われた、安曇野市議会議員選挙で初当選した増田望三郎氏を支えた中心スタッフの二人の話を聞く機会に招待していただいたのですが当初は「糸島で19時から」と参加しにくい場所と時間だったので、行かないつもりでいました。

    「せめてイベントの説明文に添えられていた動画だけでも観ておくか・・」と何気なく見た動画が面白かった!13分程度の動画を6篇一気に観て、実際にこの人たちに会ってみたくなりました。

    望三郎 選挙の全貌


     千早のQベク(放射能測定室・九州)でかーちゃんとつぐっちと合流し、糸島の会場まで車で向かいました。予めルートの確認をしておいたので迷わず会場に着きました。道が混んでたり、給油したりと結構時間ロスがあったため少し遅刻してしまいました。

    話を聞いて感じたのは「やはり選挙は面白い」ということ。
    詳しい内容については割愛します。

     夏の参院選での開票立会人の経験が、とーちゃんの中の「選挙に対するスタンス」を変えていました。かーちゃんも参院選では初めて選挙運動にガッツリ参加して意識が変わったんじゃないかな? 自分の意志・判断に基づいて行動(選挙運動、投票、開票)することができれば俄然面白くなります。

     今日の話を聞いていたら「究極の楽しみ方は候補者の事務所に出入りしてチームの一員になることだ」と確信しました。自身で立候補するよりも、候補者を側で支える役割のほうが面白そう!(そして大変そう!)

    近く、糸島市で市長選と市議会議員選があります。(2月2日が投票日)
    春日市在住のとーちゃんは投票は出来ませんが、注目している選挙です。
    国政があの体たらくですから地方にその反動が現れるかもしれません。

    糸島にお住まいの方は選挙を最前列で楽しむチャンスですよ!

    テーマ : 選挙
    ジャンル : 政治・経済

    .

    のぼせもん記事検索
    家族紹介
    家族紹介画像
    つぶやき
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1082位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    394位
    アクセスランキングを見る>>
    お悩み解決ランキング
    バナー
    よかめしFBページバナー よかめしブログバナー logo.gif tumblr_mc4602Dgxs1qgk0ge_convert_20121107074926.jpg midoricafe.jpg env_logo_1.gif
    リンク
    カウンター
    とーちゃんにメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。