スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    蛍光灯の買い替え

    居間の照明は直管蛍光灯4本構成ですが点灯しなくなったものから外していくうち、キチンと点く蛍光灯は残り1本になってしまいました。今日は新しい蛍光灯を買ってきました。

    今日購入した蛍光灯
    蛍光灯1

    サイズが「20型」ということだけ確認して買いに行ったのですが、もうひとつ確認が必要なことがありました。それは点灯方式。スターター型とラピッド型があるのですが、どちらなのか判断できなかったので一旦帰宅しました。

    照明器具にグロー球(点灯管)がついているものがスターター型、ないものがラピッド型らしいので、うちの居間の照明はラピッド型っぽいのですが、これまで使っていた蛍光灯の型番は「FL」で始まるスターター型のものでした。(ラピッド型の場合はFLRで始まる)

    いままで誤った組み合わせで使用し続けてきたということみたいです。ラピッド型を買えば正せそうですが、これまでの組み合わせから変更して点かないと困るので、結局買ったのはスターター型。ちなみに、大野城のハンズマンだとラピッド型の20型は1種類しかありませんでした。

    「FL」で始まるスターター型の蛍光灯
    蛍光灯2

    LED直管に買い換えるという選択肢もあったのですが、LEDについては目への負担や寿命表示に対する猜疑心など、諸々思うところがいくつかあったのでやめておきました。今回選んだ蛍光灯の色は電球色(3000K)とナチュラル(6500K)を2本ずつ。居間の照明は紐を引くと「直管4本点灯」→「直管2本(外側のみ)点灯」→「豆球点灯」→「オフ」の4段階で切り替わります。

    直管4本点灯時
    蛍光灯3

    電球色とナチュラル(一般的な蛍光灯の白色)のブレンドは、蛍光灯の冷たい雰囲気を和らげてとっても良い具合。狙い通りの結果になって満足しています。

    直管2本点灯時
    蛍光灯4

    外側だけ点灯させると電球色の落ち着いた雰囲気になります。リラックスしたいときには良さそうです。

    今回蛍光灯を買うときに一番気にしたのはメーカー。日立と東芝は原発メーカーなので避けました。このことが何かを変えられるとは思っていません。自分の心の置きかたを確かにするため、原発を容認する気持ちに「変えられない」ための選択です。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    .

    のぼせもん記事検索
    家族紹介
    家族紹介画像
    つぶやき
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1187位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    448位
    アクセスランキングを見る>>
    お悩み解決ランキング
    バナー
    よかめしFBページバナー よかめしブログバナー logo.gif tumblr_mc4602Dgxs1qgk0ge_convert_20121107074926.jpg midoricafe.jpg env_logo_1.gif
    リンク
    カウンター
    とーちゃんにメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。