「第4の革命」上映会@博多リバレイン

    リバレインセンタービル8階あじびホールで
    「第4の革命」上映会がありました。

    博多リバレイン外観
    IMG_9910_convert_20120513185958.jpg

    第4の革命を観たのは二度目です。
    前に観た時より今回のほうがポジティブな気持ちで観ました。
    とーちゃんの興味の向かう先が前と違っていたからかもしれません。

    前は人の意識や社会のシステムを変えることの難しさを
    想像して絶望的な気持ちになっていました。

    今回は「エネルギー転換」が興味の中心でした。
    再生可能エネルギーについて考えるようになって
    いろいろ知識ていたのも手伝って本当に面白かった!

    感想シェアが3グループに分かれて行われました。
    とーちゃんのいたグループは、地元の工業系の大学の
    学生が10人くらいいました。

    前にどこかの記事で大学生の大半が原発存続に賛成している
    という記事を読んだので、実際どんなものか聞いてみました。
     
    原発存続支持という学生は2人いました。
    一人は「コスト面」という少々ガッカリな理由だったので
    「廃棄物まで含めたコストで考えているの?」と突っ込むと
    そこはは考えていない様子でした。
    もう一人は「急ぎ過ぎ」だと言いました。
    これは確かに理由としては賛成しないけど納得はできます。
    停電もまたリスクだからです。

    でもこのリスクは今までの送電方法に依存しているが
    ゆえのリスクであって、これからの対処可能なはずです。
    数時間停電するくらいで支障が出る状況は異常ですよね。

    既存の電力会社だけが発電・送電していることが問題です。
    リスク分散のために様々な発電方法があったほうが良いという
    意見もありました。それは確かにその通りです。
    でも、ここでのリスクは「電力不足」のこと。

    安定供給は確かに大事です。
    でも「絶対」はないわけですから、
    停電が起きないようにすることではなくて
    停電が起きても問題が起きないようにすることが必要です。
    リスクについて定義し直すべきだと思っています。

    リスクを「停電時の悪影響」とした場合、
    リスク分散を考えれば集中管理しない方法を採用することが
    有効だと思います。送電線に依存せず、使う電気を
    使う場所で発電する「地産地消」を進めるべきです。

    ほとんどの学生が自発的に発言しないのが不気味でした。
    もっと学生同士が意見をぶつけ合うところが
    見たかったのだけど、とーちゃんが一番喋ってしまいました。
    発言しにくい空気を作ってしまったのかもしれません・・

    この大学から九州電力に就職する学生は多いそうです。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    .

    のぼせもん記事検索
    家族紹介
    家族紹介画像
    つぶやき
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1652位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    616位
    アクセスランキングを見る>>
    お悩み解決ランキング
    バナー
    よかめしFBページバナー よかめしブログバナー logo.gif tumblr_mc4602Dgxs1qgk0ge_convert_20121107074926.jpg midoricafe.jpg env_logo_1.gif
    リンク
    カウンター
    とーちゃんにメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示