スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    朝日新聞の朝刊と東京新聞の夕刊

    今日で震災から1年4ヶ月経ちました。
    未だに原発事故関連記事は尽きません。

    朝日新聞デジタル:福島「線量0」の子でも一定の被爆 放医研が独自計算
    http://www.asahi.com/national/update/0711/TKY201207100892.html

     東京電力福島第一原発事故による福島の子どもの甲状腺被曝(ひばく)について、政府の原子力災害対策本部は昨年8月、調べた1080人の55%の保護者に「ゼロ」と通知したが、実際は一定の被曝をしていた可能性の高いことが分かった。放射線医学総合研究所が昨年3月の実測値から独自に計算した。この結果について、政府は「誤差が大きく、不安を招く」として、今後も保護者に通知しない考えだ。

     独立行政法人・放医研の鈴木敏和・緊急被ばく医療研究センター室長らが、10日に千葉県で開かれた国際シンポジウムで発表した。いわき市や川俣町、飯舘村など10市町村以上に住んでいた15歳以下の1080人の生涯平均の推計で12ミリシーベルト、最大で42ミリシーベルトだった。

     甲状腺の被曝線量の計算ではまず、放射性ヨウ素を取り込んだ甲状腺が1時間に出す放射線を測定する。この実測値から個人の年齢や被曝時期などを考慮して、生涯の被曝線量を計算する。

     政府は昨年3月下旬、1080人の1時間あたりの線量を実測した。しかし、「検査は、安定ヨウ素剤を飲むレベル以上に被曝した子どもがいたかを調べるのが目的で精度が低い」などとして、一部の高い子どもを除き、健康影響がわかる生涯の線量の計算をしなかった。

     保護者には、1時間あたりの実測値しか伝えず、55%の保護者には、「検査機器の検出限界以下」も含め、「0」と通知していた。通知も、検査から5カ月たってからだった。


    政府の原子力災害対策本部の対応は酷いものでした。
    検出限界以下は検出できなかったというだけにすぎずゼロではありません。

    放医研の情報の取り扱いもまた酷い。
    検査を受けた以上、結果を知ることは当然の権利だと思います。
    情報を伏せることが不安を招きます。

    ある人のツイートを紹介します。とーちゃんも同感。

    「パニックを恐れた」からデータ隠したとか、健康被害の可能性も「誤差が大きく、不安を招く」で片づけようとする。自分達の不都合を相手の受容力が不足してるかのように言い訳するのって2重にバカにしてるよね。そして責任取らない。


    次は同じネタを「安定ヨウ素剤の服用基準」中心に書いている記事

    東京新聞:最大被ばく42ミリシーベルト 甲状腺 福島原発周辺の子ども
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012071102000228.html

     東京電力福島第一原発事故による原発周辺の子どもの甲状腺被ばく線量は、最大で四二ミリシーベルト、平均で一二ミリシーベルトとする推計結果を、放射線医学総合研究所(放医研)の研究チームがまとめたことが十一日分かった。甲状腺がんを防ぐための安定ヨウ素剤の服用基準は国際的に五〇ミリシーベルトとされ、今回の推計はこれを下回った。
     放医研の鈴木敏和緊急被ばく医療研究センター室長らのチームは、政府が事故直後の昨年三月下旬に福島県いわき市と川俣町、飯舘村で、ゼロ~十五歳の子どもを対象に実施した甲状腺被ばくの検査結果のうち、信頼性の高い千八十人分を分析。一時間当たりの実測値から一生の間に受ける被ばく線量を最も大きくなる条件で計算した。
     現在、安定ヨウ素剤の服用基準は一〇〇ミリシーベルトだが、国際原子力機関(IAEA)は五〇ミリシーベルトを基準としており、政府は国際基準に合わせた見直し作業を進めている。推計結果は最大の四二ミリシーベルトでもこれを下回った。
     政府は、簡易検査で約45%の子どもからわずかな被ばく線量が計測されたとして、八月に測定値を保護者に通知。検査では小さすぎる値を測れない検出限界があることを踏まえて「測定値がゼロでも被ばくしていないとは言えない」などと説明していた。



    安定ヨウ素剤に関しては用量、投与タイミング、副作用など
    使用についての注意点が多いので下の書類を一度読んでおくべし。

    原子力災害時における安定ヨウ素剤予防服用の考え方について
    http://www.u-tokyo-rad.jp/data/ninpuyouso.pdf

    東京新聞の記事でいう国際基準はIAEAの50mSvですが、
    WHOでは10mSvという服用基準を設けているようです。
    とーちゃんが気になっているのは、どのような理由で
    WHOではなくIAEAの服用基準を採用したのか。


    下に紹介している動画はWHOと IAEAが共同で開催した、
    2001年キエフ国際会議の模様を捉えた、ドキュメンタリーです。
    それぞれどういったスタンスで健康被害を捉えていたのか判ります。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : ほっとけない原発震災
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    .

    のぼせもん記事検索
    家族紹介
    家族紹介画像
    つぶやき
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1832位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    687位
    アクセスランキングを見る>>
    お悩み解決ランキング
    バナー
    よかめしFBページバナー よかめしブログバナー logo.gif tumblr_mc4602Dgxs1qgk0ge_convert_20121107074926.jpg midoricafe.jpg env_logo_1.gif
    リンク
    カウンター
    とーちゃんにメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。