スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ミニCooKit 制作過程

    昨日の記事で少し紹介したCookitを作ってみることにしました。

    CooKit -ソーラークッキング
    http://ja.solarcooking.wikia.com/wiki/CooKit

    クッキットは、1994年「ソーラークッカーインターナショナル」(SCI)が技術者や調理師と連携して開発・製造した、世界初のソーラー調理器である。この調理器は、簡素でシンプルな見た目であり、かつ世界の最貧国の人々でも購入可能な手頃な値段である。重さは約500gで、持ち運びできるよう大判サイズの本ほどの大きさに折りたたむことができる。蓋の付いた黒い鍋とプラスチックバッグを用意すれば、あとは数時間分の太陽熱で5,6人分の食事を作る事ができ、火を使ったり乾燥させたりすることなく食べ物を調理、保存することもできる。


    実際のCooKitはかなり大きいのですが、今回作るのは1/2サイズです。
    とーちゃんが普段使っている「サンタスティック」よりコンパクトに
    折り畳むことができて、パーツが1個で完結している点が利点です。

    今週27日の「No Radiation Cafe in Waltz」の件で、沖さん(師匠!)に
    相談したところ、CooKitを提案していただき、1/2サイズCooKit用の
    設計図をA3サイズ×4枚で分割印刷できるようPDFデータを作って
    送ってくれました。

    1/2サイズCooKit用の設計図
    IMG_7096.jpg

    このサイズだと一般的なガスコンロの下敷きシートに収まります。

    設計図を貼り合わせて外郭線で切り取った「型紙」
    IMG_7100.jpg

    ガスコンロの下敷きに型紙をテープで貼る
    IMG_7101.jpg

    タブペンと定規
    IMG_7102.jpg

    アルミのシートは柔らかいので、固いものでこすると跡が残ります。
    タブペン(鉄筆の代用品)は点線部分に線をひきます。

    アルミシートに転写完了
    IMG_7103.jpg

    ハサミで切り抜きました
    IMG_7104.jpg

    切れ端
    IMG_7110.jpg

    制作中に出た端材は使いやすいようにカットして、
    次に何か工作する時の材料として使います。

    ほぼ完成
    IMG_7109.jpg

    あとは差し込み口のスリットをくり抜けば完成です。
    カッターが無いと難しい作業なのですが、自宅のカッターが行方不明なので
    ここで一旦手を止めました。

    続きは、実際に調理に使ってみて報告します。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 写真日記
    ジャンル : 日記

    コメントの投稿

    非公開コメント

    .

    のぼせもん記事検索
    家族紹介
    家族紹介画像
    つぶやき
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    1832位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    687位
    アクセスランキングを見る>>
    お悩み解決ランキング
    バナー
    よかめしFBページバナー よかめしブログバナー logo.gif tumblr_mc4602Dgxs1qgk0ge_convert_20121107074926.jpg midoricafe.jpg env_logo_1.gif
    リンク
    カウンター
    とーちゃんにメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。